「障がい者の福祉を考える集い」に参加

●平成30年12月8日(土)周南市地域自立支援協議会主催の、「障がい者の福祉を考える集い」に参加しました。就労移行定着事業が11月から開始しまして、活動の一環として「当事者の方の講演を聞いて刺激を受けよう」と参加しました。会場は、新南陽ふれあいセンターです。
(周南絆映画祭 広報記事より)

 講師は明るくとっても元気な「大橋 広宣さん」です。どこかで(TV)見られた方も多いのでは・・・発達障害であることを周知しておられ、映画評論やNHKの討論番組などに出られてます。下松市在住の評論家です。
 「周りに寄り添ってくれる人がいることで、また出来ないことを理解しサポートしてもらえるので、私は自分らしく生活できている・・・」障がいのある人もない人も、等しくお互いを認め合い共に生活していく。
 会場に来られていた、障がいのある方もない方も、またリズミックダンスを披露してくれたたくさんの子供たちにも、等しく響いたら良いなと思いながら聴講しました。

 子どもたちのリズミックス・ダンシング。ステージとリズム遊びがありました。今年大流行の DA PUMPの「U.S.A」を会場全体で盛り上がりました。「ださかっこいい」ダンサーがいっぱいでした。皆、笑顔です。
パンフレットには音声読み上げコードがついています。ユニバーサルデザインですね。



年末クリーン作戦

●平成30年12月7日(金) メンバーとスタッフ一緒に、事業所の周りの溝さらいと草引きを行いました。「年末クリーン作戦」が地域であるのですが、週末の参加が難しい為、かわりに平日に行っています。開設からずっと続いてますので、6年目の参加になります。

とってもツルツルにきれいにするので、地域の方からも感謝を言っていただけます。
地域で共に生活する、生活者としての参加です。卒業(就職)後も、きっと参加を求められることがあるでしょう。メンバーと スタッフ全員できれいにします。


とってもきれいになりました。

周南市 遠石小学校 友愛バザーに参加

●平成30年11月18日 「遠石小学校 友愛バザー」に参加いたしました。
友愛バザーは、土曜参観日の後に校内でタイ焼き・やきいも・わたがし・うどん・珈琲など、親子で食べながらコミュニケーションをとるイベントです。
私たちは、タイ焼き屋さんです。



今年で参加4年目になります。当時PTAの方に、「子供たちが幼いうちに障害のある方とふれあうと、一緒に社会で生活することに違和感を感じず過ごせます。子供たちにもメリットがあるのでぜひ参加されませんか?」とお声かけ頂きました。もちろん、ありがたくお受けしました。子供たちやご家族にも、温かくむかいいれていただいており、笑顔が絶えません。街でお会いしたら、気軽にお声かけください(感謝)



『周南冬のツリー祭り』のポスター貼りを体験

●『周南冬のツリー祭り』のポスター配りを体験
平成30年12月1日にイルミネーション点灯式、12月23日にクリスマスイベントがあり、それぞれのチラシとポスターを商店街のお店や学校に配布します。徳山商工会議所様のご厚意で、社会体験として行わさせていただきました。
周南市の自立支援協議会 就労部会としての活動です。
今回は、徳山総合支援学校の生徒の方々の現場実習の一環としても実施しました。




徳山駅周辺商店街の店舗様のご協力を頂きまして、「配り、お願いして、貼る」の
経験をさせていただきました。
周南市役所新庁舎のガラス張りの会議室(みんな初体験)をお借りして、周南市役所 障害者支援課の職員の方にご協力いただきまして、渡す練習とミーティングを行ってから、いざ本番と出発しました。








12月23日の「周南冬のツリー祭り」本番がとっても楽しみです。



周南冬のツリー祭り 点灯式に参加

●平成30年12月1日 第34回周南冬のツリー祭り、点灯式に参加いたしました。周南冬のツリーまつりは日本夜景遺産に認定され、ファンタジックな気分に浸らせてくれる県内でも人気のイルミネーションイベントです。駅周辺は、数多くのLED電球で装飾され、街を華やかに彩りクリスマスムード一色になります。




今回は、周南市の自立支援協議会、就労部会の活動として参加しました。
障害のある方が地域への貢献と社会参加をして、経験の幅を増やすことを
目的としました。
徳山商工会議所様が、青空公園にてイベントを行っており、『サンタの格好をして、子供たちにお菓子を配る』の役割を一部経験させていただけました。

「サンタさんありがとう」「お菓子ありがとう」
ハイタッチを交わしながら、サンタさんも子供たちもニコニコです。
こちらこそ、満面の笑みと感謝の言葉をありがとうです。



とっても良い経験ができました。
周南市様、徳山商工会議所様、大変ありがとうございました。

次は、23日の本番の日です。

就労継続支援事業所『よろこびの里』も、メンバーの方とスタッフが参加される予定です。

今から楽しみです。

全国知的障害福祉職員研究大会 山口大会

平成30年11月14、15、16日に、山口市民館(山口市)をメイン会場に開催されます。
全国から、1700人の参加者が申し込まれており、とても盛況な大会になりそうです。
「夢や希望をかなえあえる未来へ」をテーマに取り組みなど、活発な意見交換が予定されております。

県内の障がいのある方が利用されている事業所の商品が販売され、復興応援の北海道の商品も販売されます。

光あけぼの園の頒布バッグ、周南あけぼの園のカレンダーや複製画なども販売いたします。参加される方は、お立ち寄り下さいヾ(*´∀`*)ノ

H30.8.25(土)
先日、OB会を開催しそうめん流しをしました(^o^)今年は初めて保護者の方にも参加していただきました。テントはりやおにぎり作りも今年も皆で協力して行いました!
今年は現メンバー、OB、保護者の方を含め50人以上の参加がありました(*´ω`*)
その後はグループワークとあけぼの会集会を行いました!定着支援についての説明です。
次回のOB会にもたくさんの方の参加を楽しみにしています(^o^)